LOG IN

牡丹用品を寄付

by ばるお

愛おしい牡丹用品

4箱分のペレット(ドライフード)・牧草・その他うさぎ用品と、大量のペットシーツ。
牡丹が亡くなって5ヶ月が経ち、いつかは牡丹用品をどうにかする日が来るだろうなと思いながら大切に保管していましたが、ペレットにも賞味期限があることを思い出し、この度、北九州市小倉北区にある到津の森公園という動物園に寄付してきました。


公園というネーミングのせいで

てっきりよくある小さな触れ合い牧場程度の動物園かと思っていましたが、ライオンもトラもキリンもゾウもいる結構大きな動物園でした。

まず事前連絡でいただいた指示通り、入園ゲートにある管理事務所に牡丹用品を持っていきました。
事務員の方も以前うさぎを飼っていたそうで、16歳のご長寿さんだったとか。
用品の寄付は本当に喜んでいただき、行く前は悲しい気持ちにもなりましたが、ここでたくさんの動物たちの役に立つのならこれで良かったんだと心から納得できたと思います。


うさぎが本当に可愛い(o´Д`o)ハァーン♥

ホーランドロップちゃんが6羽いました。
うさぎが断トツに可愛いのは何故なんだ。
うさぎが見える場所の前には休憩スペースがあり、何時間でもうさぎを見ながらまったりすることができます。
いい、非常にいい!!!!
小動物スペースには他にもモルモットもいました。
モルモットは80匹いるらしい(笑)
牡丹のペレットや牧草は、モルモットに消化されてしまうんじゃないですかね(((;°▽°))
この日は保育園児の一斉遠足と重なり、園内は園児&保護者だらけ。
うは〜平日なのに。なんて日だ。
うさぎ&モルモットの触れ合いタイムは断念しました。


知り合いに会う

こんなに広い園内なのに、入園まもなくシンゴ君の知り合いに会ってしまいました(;´Д`)
大学の空きコマに友達と来たんだって。
なにその素敵な時間の使い方(〃▽〃)
また遭遇して気まずい空気にならないように、序盤中の序盤でばるお家は休憩を取りタイムラグを作りました。
おそらくむこうも気を使ったんじゃないかな。
しかし帰りのゲートでまさかの再会Σ(゚д゚lll)
会う時は会うもんですな〜。


餌を与えて触れ合える

ヤギやキリンやゾウに、餌を与えるシステムがありました。
このゾウのところで、5歳児くらいの男の子・父親・祖母・祖父が餌をあげていたのですが、間近に迫ったゾウと孫を写真に収めたい祖母 VS 怖くてギャン泣きする男の子の諍いが始まりました。
怖い嫌だと泣き叫び場を離れようとする男の子を、祖母はなんが怖かろうがそこにおれ(#゚Д゚)ゴルァ!!とバシバシバシーンと力いっぱい叩く叩く…。
祖母の言葉遣いがまた凄い…。

そこまでして写真に収める必要あるかね…
この程度のことであんだけ叩くなら、普段はどうなんだ…
そもそも祖母がってところがなんだかな…(家庭板脳)

ほのぼの動物園で嫌なもの見ちまったぜと気分がガクンと落ち、自分はああはなるまいと心に誓ったのでした( ´•ω•` )
ちなみにシンゴ君は、ここは北九州だよあんなの日常茶飯事だから、と言って全然心乱れていないご様子。
さすがなのかなんなのか。
それにもばるおはションボリしてしまった訳であります。


規則正しいフラミンゴ

お散歩中でしたが、ずっとこの等間隔で歩いていました。
美しい。規律万歳。
ここで気分復活。


人気者のプレーリードッグ

上の彼は常に立ち上がって遠くを見つめていました。
それはもうイケてる立ち姿でありまして。
そして下の彼は永遠に横スライドで行ったり来たりしていました。
その姿にこの日一番の爆笑。゚(゚ノ∀`゚)゚。
ヒーヒー笑っていたら園児が集まってきました。
ばるお家の集客力どうよ。

たくさんの種類のお猿さんもいましたが、ばるお家は心惹かれないのでほぼスルー。
やはり小動物系が一番好きだ〜。
永遠と見ていられます。
この後イオンに行ってペットショップのうさぎの赤ちゃんも見に行きました。
とんでもなく可愛かったです(o´艸`)


とはいえやっぱり牡丹がNo.1!

欲しいのはペレットじゃない!!
おやつなんだ!!!
おやつ待機に痺れを切らして自ら探しに行くの図。


ばるお
OTHER SNAPS